人気ブログランキング |

堀内賢雄さんが吹き替えてる作品をまとめてみました。


by benowen3018
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
原題:SIX DAYS SEVEN NIGHTS
1998年,アメリカ,103分
監督:アイバン・ライトマン
脚本:マイケル・ブラウニング
ジャンル:アドベンチャー
DVD:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント(1999/6/17に発売されたVHS版の吹き替えを収録)
レンタル:DVD&VHS

オススメ!

【CAST(DVD版)】
ハリソン・フォード(クイン・ハリス):磯部勉
アン・ヘッシュ(ロビン・モンロー):深見梨加
デビッド・シュワイマー(フランク・マーティン):堀内賢雄
テムエラ・モリソン(ジャガー):大友龍三郎
ジェクリーン・オブラドース(アンジェリカ):富永みーな

【あらすじ】
孤島でのサバイバルを経て、一組の男女が絆を深めるロマンス・アドベンジャー。

【MEMO】
賢雄さんはDVD版でヒロインの恋人を演じています。もうね、超可笑しい&可愛いです!
メインはハリソン・フォードとアン・ヘッシュ(超ラブリー)なので出番はそんなに多くありませんが、むちゃくちゃ美味しいセリフ&シチュエーションばっかりでした。ボンキュッボーンのお姉ちゃんに誘惑されちゃうシーン以降のフラフラっぷり&慌てっぷりとか最高!絶品のヘタレ二枚目が堪能できます。ぜひぜひどーぞ♪
3バージョンの吹き替え、全部観ましたが、それぞれにいいところがあって面白かったです。雨蘭さん可愛すぎると思う…!

【フジ版吹き替え】
ハリソン・フォード(クイン・ハリス):羽佐間道夫
アン・ヘッシュ(ロビン・モンロー):高乃麗
デビッド・シュワイマー(フランク・マーティン):牛山茂
2001/10/13(土)フジテレビ系列・プレミアムステージ(まだゴールデンシアターだったかも)

【日テレ版吹き替え】
ハリソン・フォード(クイン・ハリス):村井国夫
アン・ヘッシュ(ロビン・モンロー):石塚理恵
デビッド・シュワイマー(フランク・マーティン):木下浩之
テムエラ・モリソン(ジャガー):辻親八
ジェクリーン・オブラドース(アンジェリカ):雨蘭咲木子
2004/2/6(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー、2005/8/6(土)フジテレビ系列・プレミアムステージ
# by benowen3018 | 2005-11-19 17:08 | さ行
原題:GODZILLA
1998年,アメリカ,138分
監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ディーン・デヴリン
ジャンル:SF/モンスター・パニック
DVD:東宝(1998/7月に劇場公開された時の吹き替えを収録)
レンタル:DVD&VHS
TV初回放送:2001/7/20(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー(35分延長)
その他放送:2004/9/17(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー(25分延長)、2005/8/14(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場

【CAST(DVD版)】
マシュー・ブロデリック(ニック・タトプロス):森川智之
ジャン・レノ(フィリップ・ローシェ):菅生隆之
マリア・ピティロ(オードリー・ティモンズ):勝生真沙子
ハンク・アザリア(ビクター・”アニマル”パロッティ):堀内賢雄
ダグ・サバント(オニール軍曹):梅津秀行
アラベラ・フィールド(ルーシー・パロッティ):松本梨香

【CAST(日テレ版)】
マシュー・ブロデリック(ニック・タトプロス):高木渉
ジャン・レノ(フィリップ・ローシェ):銀河万丈
マリア・ピティロ(オードリー・ティモンズ):深見梨加
ハンク・アザリア(ビクター・”アニマル”パロッティ):堀内賢雄
ケビン・ダン(ヒックス大佐):谷口節
マイケル・ラーナー(ニューヨーク市長):石田太郎
ハリー・シアラー(チャールズ・ケイマン):野島昭生
アラベラ・フィールド(ルーシー・パロッティ):雨蘭咲木子
ビッキー・ルイス(エルシー・チャップマン博士):小山茉美
ダグ・サバント(オニール軍曹):内田直哉
マルコム・ダネア(メンデル・クレイブン):塩屋浩三

【あらすじ】
日本が生み出した怪獣ゴジラがハリウッド映画に! ゴジラ好き以外ならけっこう楽しめる内容になっております。

【MEMO】
DVD&TV共に同じ役で登場の賢雄さん♪ ゴジラをカメラに収めようと街に出ますが、想像以上の脅威に巻き込まれ主人公たちと逃亡&ゴジラ退治に奔走するTV局のカメラマン役。陽気なイタリアンです。DVD版のほうがコミカルに演じてます。セリフ回しがヒジョーにユニーク!
TV版は初回放送と2回目を観ました。ビデオに録画しているのは2回目のやつ。初回はあと10分も延長してたみたいだから、こちらをもう一度観たいですー。
そして個人的には、森川さんや梅津さんもいるので、やはりDVD版吹き替えを推してしまう次第なのでございます。
# by benowen3018 | 2005-11-19 17:06 | か行
原題:THE THREE MUSKETEERS
1993年,アメリカ,105分
監督:スティーヴン・ヘレク
脚本:デヴィッド・ローヘリー
ジャンル:アクション・アドベンチャー
DVD:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント(1995/11/17に発売されたVHS版の吹き替えを収録)
レンタル:DVD&VHS
TV版初回放送:1998/3/8(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場
その他放送:1999/10/22(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー

【CAST(DVD版)】
チャーリー・シーン(アラミス):山寺宏一
キーファー・サザーランド(アトス):堀内賢雄
クリス・オドネル(ダルタニアン):宮本充
オリバー・プラット(ポルトス):玄田哲章
ティム・カリー(リシュリュー枢機卿):麦人
ヒュー・オコナー(ルイ13世):森川智之

【CAST(テレ朝版)】
チャーリー・シーン(アラミス):堀内賢雄
キーファー・サザーランド(アトス):大塚芳忠
クリス・オドネル(ダルタニアン):森川智之
オリバー・プラット(ポルトス):塩屋浩三
ティム・カリー(リシュリュー枢機卿):磯部勉
ヒュー・オコナー(ルイ13世):石田彰   

【あらすじ】
17世紀フランス。国王ルイ13世の暗殺を企てる枢機卿ら悪党に、王に忠誠を誓っている三銃士と、彼らに魅せられた新米銃士が力を合わせて立ち向かうアドベンチャー・ムービー。

【MEMO】
気楽に楽しめる娯楽映画。面白いです。
DVD版&TV版、共に出演している賢雄さん。どちらでも主役というのが素晴らしい! 数年後、主役の一人になった森川さんも素晴らしい♪
ていうかTV版なのですよ…。観たことあるんですけど、何せまだファンになる前だったので声の印象を覚えてない。(号泣)
なんてもったいないことをしてしまったんでしょう・・・。頼むから再放送してください。
# by benowen3018 | 2005-11-19 17:02 | さ行
原題:TOMB RAIDER、LARA CROFT: TOMB RAIDER
2001年,アメリカ,101分
監督:サイモン・ウェスト
脚本:パトリック・マセット、ジョン・ジンマン
ジャンル:アクション・アドベンチャー
初回放送:2004/6/26(土)フジテレビ系列・プレミアムステージ

【CAST(日テレ版)】
アンジェリーナ・ジョリー(ララ・クラフト):釈由美子
ジョン・ボイト(クロフト卿):羽佐間道夫
イアン・グレン(パウエル):安原義人
ノア・テイラー(ブライス):高木渉
ダニエル・クレイグ(アレックス):堀内賢雄
クリス・バリー(ヒラリー):森田順平
リチャード・ジョンソン(イルミナーティの長):佐々木梅治
ジュリアン・リンドツット(ピムズ):川島得愛
レスリー・フィリップス(ウィルソン):塚田正昭
レイチェル・アップルトン(少女時代のララ):中村千絵

【あらすじ】
日本発の同名人気ゲームを、アンジェリーナ・ジョリー主演で制作したアクション・アドベンチャー。
トレジャーハンターのララ・クラフト(アンジェリーナ・ジョリー)は、20年前に失踪した父親(ジョン・ボイト)への思慕を胸に、時空の扉を開けて世界征服を目論む秘密結社イルミナティと命を懸けて対決する。

【MEMO】
アンジェリーナ・ジョリー以外の出演者がなんか地味な気が。実父ジョン・ボイトとの共演は「おぉー」っと思いましたけど、お父ちゃん出番少ないのよ…。執事のヒラリー役のクリス・バリーは「宇宙船レッドドワーフ号」のリマーだけど、今回はホログラムなわけじゃないし…(笑)。
賢雄さんはダニエル・クレイグの吹き替えで出演。出番少ない! ポジション的にはアンジーとイイ雰囲気だったりするのに・・・。軽めの二枚目半キャラでした。もっと喋ってほしかった。
そういやダニエル・クレイグは新しいジェームズ・ボンドになりましたねー。吹き替えが誰になるのか今から楽しみです♪

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
アンジェリーナ・ジョリー(ララ・クラフト):湯屋敦子
ジョン・ボイト(クロフト卿):小川真司
イアン・グレン(パウエル):大塚明夫
ノア・テイラー(ブライス):成田剣
ダニエル・クレイグ(アレックス):大川透
クリス・バリー(ヒラリー):相沢正輝
発売元:東宝東和、販売元:ジェネオンエンタテインメント
※2007/8/3(金)金曜ロードショーにてこの吹き替え版がオンエアされました。

【テレ朝版吹き替え】
アンジェリーナ・ジョリー(ララ・クラフト):深見梨加
ジョン・ボイト(クロフト卿):堀勝之祐
イアン・グレン(パウエル):池田秀一
ノア・テイラー(ブライス):宮本充
ダニエル・クレイグ(アレックス):てらそままさき
クリス・バリー(ヒラリー):仲野裕
ジュリアン・リンドツッド(ピムズ):井上倫宏
レスリー・フィリップス(ウィルソン):名取幸政
レイチェル・アップルトン(少女時代のララ):照見萌
2005/10/2(日)テレビ朝日系・日曜洋画劇場
# by benowen3018 | 2005-11-19 17:01 | た行
原題:EVOLUTION
2001年,アメリカ,103分
監督:アイバン・ライトマン
脚本:デヴィッド・ダイアモンド、デヴィッド・ウェイスマン、ドン・ジャコビー
ジャンル:SFコメディ
初回放送:2005/5/13(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー
その他放送:2006/6/2(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー(21:03-22:54)、2007/12/25(火)テレビ朝日深夜(26:10-)

オススメ!

【CAST(日テレ版)】
デヴィッド・ドゥカブニー(アイラ・ケイン):堀内賢雄
オーランド・ジョーンズ(ハリー・ブロック):山寺宏一
ジュリアン・ムーア(アリソン・リード):坪井木の実
ショーン・ウィリアム・スコット(ウェイン):高木渉
デッド・レバイン(ウッドマン将軍):石田太郎
イーサン・スプリー(ディーク):桜井敏治
マイケル・レイ・バウアー(ダニー):岩田光央
ダン・エイクロイド(ルイス州知事):菅生隆之

【あらすじ】
急激に進化する宇宙からの生物との戦いを描いた、ちょっと(だいぶ?)下品なSFコメディ。

【MEMO】
賢雄さんと山寺さんのコンビが聴けただけで大満足! 二人のやりとりはやっぱ最高! 言葉でじゃれ合ってるカンジでした。息ピッタシ~。
賢雄さんは主人公、デヴィッド・ドゥカブニーの吹き替えを。低めのゆったりした二枚目声で。カッコ良かった!
こういう系統のコメディ映画がTVで放映されることは少なくなってきてたから、そういう意味でもすごく嬉しかったです♪
それにしてもラストがなぁ…。よく放送できましたね、これ(笑)。

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
デヴィッド・ドゥカブニー(アイラ・ケイン):小杉十郎太
オーランド・ジョーンズ(ハリー・ブロック):楠大典
ジュリアン・ムーア(アリソン・リード):唐沢潤
ショーン・ウィリアム・スコット(ウェイン):鉄野正豊
発売元/販売元:(株)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
a0066307_16574169.jpg

# by benowen3018 | 2005-11-19 16:58 | あ行
原題:BICENTENNIAL MAN
1999年,アメリカ,131分
監督:クリス・コロンバス
脚本:ニコラス・カザン
ジャンル:ヒューマン・ドラマ
初回放送:2003/10/24(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー(20分延長)
その他放送:2005/4/24(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場

オススメ!

【CAST(日テレ版)】
ロビン・ウィリアムス(アンドリュー):堀内賢雄
エンベス・デイビッツ(リトル・ミス/ポーシャ):田中敦子
サム・ニール(パパ):磯部勉
オリバー・プラット(ルパート・バーンズ):塩屋浩三
キルスティン・ウォーレン(ガラテア・ロボティック):雨蘭咲木子
ウェンディ・クルーソン(ママ):塩田朋子
ブラッドリー・ウィットフォード(ロイド):井上肇

【あらすじ】
愛する人のために人間になりたいと願うロボットが、その夢を叶えるべく奔走する物語。

【MEMO】
ロビン・ウィリアムス=堀内賢雄はかなーり異色なキャスティングなので、もうそれだけでダメ!ってなる人多いと思います。
しかーし! イメージ云々が吹き飛ぶくらい、めちゃんこ味のある賢雄さんのアンドリューでした。人間になれたときの「ありがとう…」は本当にすごいです。たったの5文字なのに。
で、話の内容。観た当時の日記を読み返してみたら、2003年に観たときは可もなく不可もなくと書いてるくせに、2004年の放送時には泣いたみたいで…。やっぱ年々涙腺が弱くなるのね、人間って(苦笑)。

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
ロビン・ウィリアムス(アンドリュー):江原正士
エンベス・デイビッツ(リトル・ミス/ポーシャ):渡辺美佐
サム・ニール(パパ):牛山茂
オリバー・プラット(ルパート・バーンズ):手塚秀彰
キルスティン・ウォーレン(ガラテア・ロボティック):安岡有美子
ウェンディ・クルーソン(ママ):宮寺智子
発売元/販売元:(株)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
a0066307_16534455.jpg

# by benowen3018 | 2005-11-19 16:54 | あ行
原題:FIGHT CLUB
1999年,アメリカ,139分
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:ジム・ウールス
ジャンル:ドラマ
初回放送:2003/6/14(土)フジテレビ系列・プレミアムステージ

超オススメ!

【CAST(フジ版)】
ブラッド・ピット(タイラー・ダーデン):堀内賢雄
エドワード・ノートン:森川智之
ヘレナ・ボナム=カーター(マーラ・シンガー):勝生真沙子

【あらすじ】
不眠症に悩む男(エドワード・ノートン)に訪れた二つの出会い。
見ているだけでイラつく女マーラ・シンガー(ヘレナ・ボナム・カーター)と、生真面目な自分とは真逆の野性的な男タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)。
二人との出会いは、男の運命を一変させる。

【MEMO】
大っ好きな映画。暴力的なシーンばかりが取り沙汰されていますが、この映画のテーマはそこではなくて。主人公が振り回される”理想と現実の世界”にずぶずぶとのめり込んでいきました~。
賢雄さんはタイラー・ダーデン役。嵐のように荒々しく、幻のように儚かったです。めちゃくちゃ素敵でした。
そしてこの吹き替えバージョンのタイラーと主人公のシンクロ度は、オリジナルよりも上な気がします(言い過ぎ?・笑)。
でも世間一般ではDVD版の吹き替えのほうが評判いいので(確かに山寺さんも平田さんも素敵でした)、やはりこの感想はファンの欲目なのかもしれません。あははのは。

【DVD版吹き替え】
ブラッド・ピット(タイラー・ダーデン):山寺宏一
エドワード・ノートン:平田広明
ヘレナ・ボナム=カーター(マーラ・シンガー):高乃麗 他
発売元/販売元:FOX
a0066307_16454180.jpg

# by benowen3018 | 2005-11-19 16:46 | は行
原題:COOL RUNNINGS
1993年,アメリカ,98分
監督:ジョン・タートルトーブ
脚本:リン・シーファー、トミー・スェードロー、マイケル・ゴールドバーグ
ジャンル:スポーツコメディ
放送日:1999/12/17(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー

【CAST(TV版)】
リオン(デリース・バノック):大塚芳忠
ダグ・E・ダグ(サンカ・コフィ):堀内賢雄
ラウル・D・ルイス(ジュニア):高木渉
マリク・ヨバ(ユル・ブレナー):荒川太郎
ジョン・キャンディ(アーブ):玄田哲章

【あらすじ】
1988年にカルガリーで行われた冬季オリンピック。ボブスレー競技で注目を集めたのは、南国ジャマイカの選手チームたち! 実話を元に作られた、笑いと友情のスポーツコメディ。
選抜大会当日、隣のレーンの選手の転倒に巻き込まれ、オリンピック出場の夢を果たせなかった陸上選手デリース(リオン)。
しかしなんとしてもオリンピックでプレーしたいがために、親友サンカ(ダグ・E・ダグ)、転倒した選手ジュニア(ラウル・D・ルイス)、デリースと同じく転倒に巻き込まれた陸上選手ユル(マリク・ヨバ)たちと未知の競技”ボブスレー”に挑む。

【MEMO】
TVで観たことあるんです…。今までに2回くらい放送してると思うんですけど。大好きな映画です。
でも賢雄さんのことを覚えてない~。ファンになる前だから仕方ないんだけど。
観たいです。再放送してくださいっ!

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
リオン(デリース・バノック):松本保典
ダグ・E・ダグ(サンカ・コフィ):島田敏
ラウル・D・ルイス(ジュニア):中村雄一
マリク・ヨバ(ユル・ブレナー):荒川太郎
ジョン・キャンディ(アーブ):樋浦勉
発売元/販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
# by benowen3018 | 2005-11-19 16:39 | か行
原題:THE MUMMY RETURNS
2001年,アメリカ,140分
監督・脚本:スティーブン・ソマーズ
ジャンル:アクション・アドベンチャー
初回放送(フジ版):2004/4/10(土)フジテレビ系列・プレミアムステージ
その他の放送(フジ版):2006/10/13(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー21:10-23:14
初回放送(テレ朝版):2005/4/10(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場
その他の放送(テレ朝版):2008/8/18(月)TBS系列・月曜ゴールデン

オススメ!

【CAST(フジ版)】
ブレンダン・フレイザー(リック・オコーネル):堀内賢雄
レイチェル・ワイズ(エヴリン):玉川紗己子
ジョン・ハナ(ジョナサン):江原正士
フレディ・ボース(アレックス):半場友恵
オデット・フェール(アーデス・ベイ):大塚芳忠
アーノルド・ボスルー(イムホテップ):大友龍三郎
パトリシア・ヴェラスケス(ミラ/アナクスナムン):日野由利加
ショーン・パークス(イジー):高木渉
スコーピオン・キング(ザ・ロック):高田延彦

【CAST(テレ朝版)】
ブレンダン・フレイザー(リック・オコーネル):堀内賢雄
レイチェル・ワイズ(エヴリン):石塚理恵
ジョン・ハナ(ジョナサン):水島裕
フレディ・ボース(アレックス):大谷育江
オデット・フェール(アーデス・ベイ):大塚明夫
アーノルド・ボスルー(イムホテップ):玄田哲章
パトリシア・ヴェラスケス(ミラ/アナクスナムン):藤本喜久子
ショーン・パークス(イジー):島田敏
スコーピオン・キング(ザ・ロック):郷里大輔

【あらすじ】
第1作目から10年後を描いた冒険ムービー第二弾。
倒したはずのイムホテップ(アーノルド・ボスルー)がまさかの復活。リック(ブレンダン・フレイザー)は再び、愛する人たちと共に悪の脅威に立ち向かう!

【MEMO】
2作目も大好きです。そしてどちらの吹き替えバージョンでも賢雄さんだけは変わらなくて。嬉しかったですねー。
大好きな日野さんと高木渉さんがいるのでフジ版を推したいところ。そして賢雄さんが終始二枚目だったのはテレ朝版のほうなんですけど、コミカルだったのはフジ版でした。フジはコテッコテの演出。ベタなの大好きです、私…(笑)。
でもテレ朝はヒロインが石塚さんだったり、アーデスに大塚明夫さん再び!だったり。どちらもそれぞれで面白いと思います。
唯一同じキャストの賢雄さんも双方で演技のタイプが違うから、聴き比べるとすごく楽しいかと。

【DVD版吹き替え】
ブレンダン・フレイザー(リック・オコーネル):森川智之
レイチェル・ワイズ(エヴリン):石塚理恵
ジョン・ハナ(ジョナサン):田原アルノ
フレディ・ボース(アレックス):常盤祐貴
オデット・フェール(アーデス・ベイ):谷山節
アーノルド・ボスルー(イムホテップ):飯塚昭三
ロックナー(アドウェール):小山力也
発売元/販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン(株)
# by benowen3018 | 2005-11-19 16:34 | は行
原題:THE MUMMY
1999年,アメリカ,124分
監督・脚本:スティーブン・ソマーズ
ジャンル:アクション・アドベンチャー
初回放送:2002/3/22(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー(30分延長)
その他放送:2003/10/12(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場、2005/1/7(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー(30分延長)、2006/2/26(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場、2008/1/26(土)フジテレビ系列・土曜プレミアム(21:20-23:30)

オススメ!

【CAST(日テレ版)】
ブレンダン・フレイザー(リック・オコンネル):堀内賢雄
レイチェル・ワイズ(エヴリン):田中敦子
ジョン・ハナ(ジョナサン):中尾隆聖
ケビン・J・オコナー(ベニ):岩崎ひろし
アーノルド・ボスルー(イムホテップ)※吹き替えナシ
オデット・フェール(アーデス・ベイ):大塚明夫
オミッド・ジャリリ(刑務所長):山野史人
エリック・アヴァリ(博物館長):加藤精三
パトリシア・ヴェラスケス(アナクスナムン)※吹き替えナシ

【あらすじ】
伝説の死者の都”ハムナプトラ”に魅せられた主人公たちの冒険を描く。
ブレンダン・フレイザーがまだ割と痩せてるのと、レイチェル・ワイズの細すぎる眉毛が見どころのひとつ。

【MEMO】
大好きでっす! こういうツッコミ入れ放題の映画はめちゃくちゃ好き!
賢雄さんは頼れるヒーロー、リック・オコーネル(日テレは”オコンネル”と表記)を演じたブレンダン・フレイザーを快活に吹き替えてました。男っぽい二枚目半の冒険野郎。とーってもカッコ良かったです♪
賢雄さんがリックを演じたハムナプトラは1と2合わせて3種類ありますが、エヴリンが田中敦子さん、ジョナサンが中尾さん、アーデスが大塚明夫さんなこのバージョンが一番好きです。ベニ役の岩崎さんとのやりとりも最高に面白かったです~~

【DVD版吹き替え】
ブレンダン・フレイザー(リック・オコーネル):森川智之
レイチェル・ワイズ(エヴリン):石塚理恵
ジョン・ハナ(ジョナサン):田原アルノ
オデット・フェール(アーデス・ベイ):谷山節
発売元/販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン(株)
# by benowen3018 | 2005-11-19 16:31 | は行