人気ブログランキング | 話題のタグを見る

堀内賢雄さんが吹き替えてる作品をまとめてみました。


by benowen3018
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アベレーション(DVD版)

原題:ABERRATION
1997年,ニュージーランド,93分
監督:トム・ボクセル
脚本:ダーリン・オウラ、スコット・リュウ
ジャンル:モンスター・パニック
DVD:アドバピクチャーズ(1998/11/6にリリースされたVHSの吹き替え版を収録)
レンタル:DVD&VHS
※Yahoo!動画にて「アベレーション 群れをなす恐怖」というタイトルで2007年6月12日~2007年10月11日の間配信されました。2007年11月9日~2008年1月8日の間も配信。

【CAST(DVD版)】
パメラ・ギドリー(エイミー・ハーディング):小山茉美
サイモン・ボッセル(マーシャル・クラーク):堀内賢雄

【あらすじ】
過去を断ち切り、新しい生活を始めるため、亡き父が所有していた山小屋にやって来たエイミー(パメラ・ギドリー)。
しかしその山小屋の中には……

【MEMO】
Yahoo!動画で観ました。無料で吹き替えが観られるなんて素敵☆
B級パニックムービーでした。なかなか笑えます♪
全編通してヒロインと、そして彼女を支える賢雄さん演じるマーシャルが出ずっぱりなので、ファンにはとっても美味しい作品。
無敵のヒーローではなくて、ちょっとオヨヨなヘタレな好青年なのがラブリーです。ストーリーはさておき、オススメです~
# by benowen3018 | 2008-01-05 14:24 | あ行
原題:Category 6: Day of Destruction
2004年,アメリカ,177分
監督:ディック・ローリイ
脚本:マット・ドーフ
ジャンル:パニック・アクション・ドラマ
初回放送:2007/12/20(木)テレビ東京系列・木曜洋画劇場 21:00-22:54

【CAST(テレ東版)】
トーマス・ギブソン(ミッチ・ベンソン):堀内賢雄
ナンシー・マッケオン(エイミー・ハーキン):佐々木優子
チャンドラ・ウェスト(レベッカ):岡本麻弥
ナンシー・サコヴィッチ(ジェーン・ベンソン):田中敦子
クリストファー・シャイアー(クレイグ・シルツ):江原正士
アリ・コーエン(ダン・ロンドン):横堀悦夫
ペトラ・ワイルドグース(リンゼイ・ベンソン):仙台エリ
ジェフ・サットン(ガース・ベンソン):入野自由
ブライアン・デネヒー(アンディ・グッドマン):麦人
ブライアン・マーキンソン(クリス):岩崎ひろし
アリシア・ジョンストン(サブリナ・ロジャース):園崎未恵
ダイアン・ウィースト(シャーリー・アボット):久保田民絵
ランディ・クエイド (トルネード・トミー):塩谷浩三

【あらすじ】
異常気象で発生した巨大な竜巻と大停電により大パニックに陥った街に、さらなる恐怖…”カテゴリー6”の未知なる暴風が襲う様子を描いたパニックムービー。TV映画。

【MEMO】
賢雄さんがトーマス・ギブソン!?とびっくらこいた1作。系統的に合わないわけはございませんが、ダマグレで森川さんのグレッグに慣れ親しんでいるとやっぱりちょっと複雑。森川さんが「エイリアス」のヴォーン役、マイケル・ヴァータンを吹き替えるようなものだもの~
…って、森川さん、「アヴァロンの霧」で吹き替えてますね。しかも「エイリアス」より前に(笑)。
賢雄さんが演じていたのは街の電力会社から電力の供給を受けている公益企業・ミッドウエスト社に勤務する電力技師役(そうだったの!?←オイ)。街を襲った大停電を回復すべく奔走する頼れるリーダーであるとともに、家族の危機に駆けつける良きパパでもありました。ちょっとそれまで家庭不和だったのもファン的にはナイスな設定♪
めちゃめちゃカッコ良かったです。でも決して完璧ではなくて、人間臭さが滲み出ていたのがこりゃまた素敵な1本。
共演の女性陣の吹き替えが華やかだったのも嬉しかったです。

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
トーマス・ギブソン(ミッチ・ベンソン):東地宏樹
発売元/販売元:日活
※2009/4/14(火),15(水)に前後編としてテレ東・午後のロードショーでこのバージョンがオンエアされました。
# by benowen3018 | 2008-01-05 14:23 | か行
原題:SAHARA
2005年,アメリカ,124分
監督:ブレック・アイズナー
脚本:トーマス・ディーン・ドネリー、ジョシュア・オッペンハイマー、ジョン・C・リチャーズ、ジェームズ・V・ハート
ジャンル:アクション・アドベンチャー
初回放送:2007/12/13(木)テレビ東京系列・木曜洋画劇場
その他の放送:2008/12/22(月)日本テレビ ミッドナイト・ロードショー 25:59-27:45

【CAST(テレ東版)】
マシュー・マコノヒー(ダーク・ピット):大塚芳忠
ペネロペ・クルス(エヴァ・ロハス):日野由利加
スティーブ・ザーン(アル・ジョルディーノ):森川智之
ウィリアム・H・メイシー(サンデッカー提督):佐々木勝彦
ランベール・ウィルソン(イヴ・マサード):木下浩之
レニー・ジェームズ(カジム将軍):堀内賢雄

【あらすじ】
ベストセラー小説ダーク・ピットシリーズのシリーズ第11作を映画化したアドベンチャー・ムービー。
米国特殊機関NUMA(国立海中海洋機関)のエージェント、ダーク・ピット(マシュー・マコノヒー)はもはや伝説と化している甲鉄艦テキサスの発見に今日も世界中を駆け回っていた。金貨という手がかりを見つけたダークは、相棒のアル・ジョルディーノ(スティーブ・ザーン)と共にその金貨の発見現場であるマリへと飛ぶ。

【MEMO】
当初、木曜洋画劇場のサイトには、4番目までの吹き替えキャストしか記載されてませんでした。森川さんが出演していたので録画して観てたんですが、開始から30分後、現れた敵の親玉にドッキンコ! 賢雄さんだったのですーーv 完全なる不意打ちに心臓は跳ね上がり、喜びもひとしおでした。これはもう、森川さんありがとう!というしかないです。森川さんが出ていたから録画してたので~。
賢雄さんはふたぶてしいほどの低音悪役ボイス。シビれました。カッコつけてるわりにはまったくもってカッコ悪かった気もしますが、賢雄さんは傲慢で不遜な男を貫き通してました。
外画では賢雄さんは悪役ってわりと少ないんですけど(特にTVでは)、今後は増えていくかもと予感させる悪役っぷりに胸躍らせた1作です。
でも一人称が”僕”の優しいキャラクターも、今まで通り観たいというのがファンの心情…贅沢ですなぁ(苦笑)。

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
マシュー・マコノヒー(ダーク・ピット):小山力也
ペネロペ・クルス(エヴァ・ロハス):藤本喜久子
スティーヴ・ザーン(アル・ジョルディーノ):桐本琢也
ウィリアム・H・メイシー(サンデッカー提督):佐々木梅治
ランベール・ウィルソン(イヴ・マサード):大滝寛
レニー・ジェームズ(カジム将軍):岩崎ひろし
デルロイ・リンド(カール):西凛太郎
発売元/販売元:アミューズソフトエンタテインメント(2005/10/21)
サハラ 死の砂漠を脱出せよ(テレ東版)_a0066307_14371992.jpg

# by benowen3018 | 2008-01-05 14:22 | さ行
2008/1/5更新:テレ朝版感想をUP
原題:GHOST
1990年,アメリカ,127分
監督:ジェリー・ザッカー
脚本:ブルース・ジョエル・ルービン
ジャンル:ファンタジー・ロマンス
初回放送:1999/10/24(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場
その他放送:2006/9/14(木)テレビ東京系列・木曜洋画劇場

【CAST(テレ朝版)】
パトリック・スウェイジ(サム・ウィート):堀内賢雄
デミ・ムーア(モリー・ジャンセン):松井菜桜子
ウーピー・ゴールドバーグ(霊媒師オダ・メイ・ブラウン):片岡富枝
トニー・ゴールドウィン(カール・ブルーナー):家中宏

【あらすじ】
恋人モリー(デミ・ムーア)と夜の街を歩いているとき、強盗に襲われ刺されてしまったサム(パトリック・スウェイジ)。
次に目覚めてびっくり仰天、自分はその瞬間に死んでいて、幽霊になってしまっていた。
なんとかしてモリーに想いを伝えたいが、彼女に自分の声は届かない。

【MEMO】
すごく好きな映画です。サムとオダ・メイのやりとりにはいつも爆笑、デミ・ムーアは(このときは)可愛いなぁって思うし、そしてコインがふわりと浮かび上がるシーンは何度観ても号泣。
まさか賢雄さんが吹き替えていたとわ! すっごい観たいーーーっ。
ですがまぁ江原さんバージョンのTV版があるので、江原さん素晴らしいし、意外配役なテレ朝版が再放送される可能性はちょーっと低いんじゃないかなと。うぅむ。

(2008/1/5追記)
時折、奇跡というものは起こるもので。
二度と放送されないだろうと思っていた賢雄さんver.が2006/9/14(木)に木曜洋画劇場で放送されました! ワオ!!
胸を高鳴らせながら最初から最後まで観た次第です。照れちゃったし、心がくすぐったくなったし、なんとも表現しがたい気持ちになったけど(笑)、もうもう賢雄さんが素敵ですんごく良かったです!
賢雄さんにはやっぱりラブストーリーがめちゃめちゃ似合います。せつない憂い声、甘い愛の囁き、たまりません~
映画史に残る名作ラブストーリー。賢雄さんで観られて幸せです。

【フジ版吹き替え】
パトリック・スウェイジ(サム・ウィート):江原正士
デミ・ムーア(モリー・ジャンセン):金野恵子
ウーピー・ゴールドバーグ(霊媒師オダ・メイ・ブラウン):今井和子
トニー・ゴールドウィン(カール・ブルーナー):鈴置洋孝
リック・アビルス(ウィリー・ロペス):福田信昭
※過去3回くらい放送されています。2005/7/15(金)に金曜ロードショーで放送されました。

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
パトリック・スウェイジ(サム・ウィート):江原正士
デミ・ムーア(モリー・ジャンセン):高島雅羅
ウーピー・ゴールドバーグ(霊媒師オダ・メイ・ブラウン):小宮和枝
トニー・ゴールドウィン(カール・ブルーナー):大塚芳忠
発売元/販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
# by benowen3018 | 2008-01-05 14:21 | か行
原題:HEAVYWEIGHTS
1994年,アメリカ,98分
監督:スティーヴン・ブリル
脚本:ジャド・アパトー、スティーヴン・ブリル
ジャンル:コメディ
初回放送:-
その他放送:2007年ディズニーチャンネル

【CAST(ディズニー版?)】
ベン・スティラー(トニー・パーキス):堀内賢雄

【あらすじ】
肥満児たちを強化合宿し、スリム化計画を目的としたキャンプで巻き起こるあれやこれやを描いたコメディ。

【MEMO】
もともと発売されているビデオ(DVDは発売されておらず)に吹き替え版も存在していたのかどうかは謎で、でも発売していたのがブエナビスタなのでベン・スティラー=堀内賢雄の可能性は多いにありかと。なので、この吹き替え版はビデオ版の吹き替えなのかもしれません。
過去に放送したことがあるのはどうやらディズニー・チャンネルだけのようで、把握している限り2度あります。
ベン・スティラーは主役ではありません。肥満児たちをトレーニングする金儲け主義のインストラクター役でした。
かなりイッちゃってる感じで、髪型も爆発してるし、顔も今より若いし(笑)、だけどどうにこもうにもアホアホな感じは今とまったく同じです。大好き!!
賢雄さんも”ベン・スティラー”仕様の吹き替え。楽しい~v 「ズーランダー」に近いかも。
でもこれいつごろの吹き替えなんでしょう?
VHS版なら1995/12/16に発売されています。でも、声の雰囲気がそんなに昔には感じなかったんですよねー
# by benowen3018 | 2008-01-05 14:20 | は行