人気ブログランキング |

堀内賢雄さんが吹き替えてる作品をまとめてみました。


by benowen3018
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 60 )   > この月の画像一覧

ドグマ(DVD版)

DOGMA
1999年,アメリカ,129分
監督・脚本:ケヴィン・スミス
ジャンル:コメディ
DVD:東宝ビデオ(2001/2/8にレンタル開始されたVHS版の吹き替えを収録)
レンタル:DVD&VHS

オススメ!!

【CAST(DVD版)】
ベン・アフレック(バートルビー):堀内賢雄
マット・デイモン(ロキ):平田広明
リンダ・フィオレンティーノ(ベサニー):五十嵐麗
アラン・リックマン(メタトロン):大友龍三郎
サルマ・ハエック(セレンディピティ):佐藤しのぶ
ジェイソン・ミューズ(ジェイ):咲野俊介
ケヴィン・スミス(サイレント・ボブ)
クリス・ロック(ルーファス):桐本琢也
ジェイソン・リー(アズラエル):内田直哉
ジョージ・カーリン(グリック神父):八奈見乗児

【あらすじ】
その昔、神の怒りを買って地上に落とされた堕天使のバートルビー(ベン・アフレック)とロキ(マット・デイモン)。重箱の隅をつつくようなこじつけで天国へ帰る道を見つけるが、その帰還を阻止すべく大天使メタトロンや創造の女神ミューズ、キリストの使徒たちが現れる。

【MEMO】
キリスト教を題材にした、過激で露骨なファンタジー・コメディ・アクション。趣味が分かれる作品だと思いますが、私はものすごーく好きです。吹き替え版がまたこれ素晴らしい! キャスティングした人は巧すぎるとしか言いようがありません~。
賢雄さんはベン・アフレックの吹き替えを。”見守る天使”バートルビー役。最初は血気盛んなロキをたしなめる側なんですが・・・・。
後半の変貌ぶりは、憂い声と怒りのメロメロWパンチでございます! ファンの方にはずえーったいにオススメの作品。ぜひぜひ♪
a0066307_15345227.jpg

by benowen3018 | 2005-11-23 15:36 | た行
JAY AND SILENT BOB STRIKE BACK
2001年,アメリカ,104分
監督・脚本:ケヴィン・スミス
ジャンル:コメディ
DVD:ハピネット・ピクチャーズ(2003/8/8)
レンタル:DVD&VHS

出番超少ないけどオススメ♪

【CAST(DVD版)】
ジェイソン・ミューズ(ジェイ):咲野俊介
ケヴィン・スミス(サイレント・ボブ):遠藤純一
ベン・アフレック(ホールデン&本人役):堀内賢雄
マット・デイモン(本人役):平田広明
シャノン・エリザベス(ジャスティス):本田貴子
ジェイソン・リー(バンキー):内田直哉
クリス・ロック(チャカ・ラター・キング):桐本琢也
マーク・ハミル(本人役):水島裕
キャリー・フィッシャー(尼僧):島本須美
エリザ・ダシュク(シシー):松本梨香
ジョージ・カーリン(ヒッチハイク爺):八奈見乗児

【あらすじ】
ケヴィン・スミス監督作品の「クラークス」「モールラッツ」「チェイシング・エイミー」「ドグマ」、この4作全部に登場するお喋りなジェイ(ジェイソン・ミューズ)と無口なボブ(ケヴィン・スミス監督本人!)。彼らがとうとう映画の主役に~~!

【MEMO】
先に挙げたケヴィン・スミス作品で賢雄さんがベン・アフレックを吹き替えているのは「チェイシング・エイミー」と「ドグマ」。この2作を観てたほうが100倍以上楽しめるゴキゲン&お下品珍道中コメディです(もちろん4作全部見てたほうがもっともっと楽しめるかと)。
今回も賢雄さんはベン・アフレック。「チェイシング・エイミー」のホールデン役と、ベン・アフレック本人役。前者は男臭く、後者はバカっぽく(笑)。賢雄さんのベンアフやっぱ最高~v 平田さんとの会話も、本家のベンアフ&マットの親友コンビにも負けないラブラブっぷりで必聴です!(3分しかないけど)
にしても、ちょびっとだけの出演なのにマーク・ハミルに水島裕、キャリー・フィッシャーに島本須美というキャスティングしたこの吹き替え版は最高だと思います。
主役のジェイを演じた咲野さんを始め全員ハマってました。大好き!
a0066307_15303944.jpg

by benowen3018 | 2005-11-23 15:32 | さ行
原題:THE ROYAL TENENBAUMS
2001年,アメリカ,110分
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン、オーウェン・ウィルソン
ジャンル:ファミリーコメディ
DVD:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント(2003/3/19に発売されたVHS版の吹き替えを収録)
レンタル:DVD&VHS
映画公式サイト

オススメ♪

【CAST(DVD版)】
ジーン・ハックマン(ロイヤル・テネンバウム):石田太郎
アンジェリカ・ヒューストン(エセル・テネンバウム):谷育子
ベン・スティラー(チャス・テネンバウム):堀内賢雄
グウィネス・パルトロウ(マーゴ・テネンバウム):五十嵐麗
ルーク・ウィルソン(リッチー・テネンバウム):山路和弘
オーウェン・ウィルソン(イーライ・キャッシュ):平田広明
ビル・マーレイ(ラレイ・シンクレア):佐々木梅治
ダニー・グローバー(ヘンリー・シャーマン):坂口芳貞
アレック・ボールドウィン(ナレーション):磯部勉

【あらすじ】
ロイヤル・テネンバウム(ジーン・ハックマン)は有名な弁護士。しかし一向に家庭を顧みない自己中な性格が災いし、家族とは別居中。
そんな彼だったが、とあることがきっかけで家に帰りたくなり、仮病を使って懐かしい我が家へと戻ってみるのだが・・・・。

【MEMO】
お菓子のような映画。出てくる人たちすべてが愛しいです。可愛いし。オチャメだし。そして寂しい人たちばかりで。
一番最初に見たときは退屈に感じたんですけどね。ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンに激ハマリした後に観たら、こんなに面白い映画だったのか!って自分でも驚くほど面白かったです。そういう映画(笑)。
賢雄さんはテネンバウム家の長男チャス役。今までに観た賢雄さんのベン・スティラーの中で一番好きです。出番は多くはないんですけど、身勝手な父親に最後まで抵抗する意地っ張りなとこ、んもうむーちゃーくーちゃ可愛かったです! オススメ!
a0066307_15275212.jpg

by benowen3018 | 2005-11-23 15:29 | さ行
原題:THE QUIET AMERICAN
2002年,アメリカ,101分
監督:フィリップ・ノイス
脚本:クリストファー・ハンプトン、ロバート・シェンカン
ジャンル:ドラマ
DVD:エスピーオー,SPOディストリビューション(2005/1/28)
レンタル:DVD&VHS

【CAST(DVD版)】
マイケル・ケイン(トーマス・ファウラー):大塚周夫
ブレンダン・フレイザー(アルデン・パイル):堀内賢雄
ドー・ハイ・イェン(フォング):林真理花

【あらすじ】
1952年のベトナムを舞台に、二人の男が繰り広げる社会派ドラマ。

【MEMO】
昼メロのような印象を受ける邦題とは裏腹に、互いに嫉妬しあう二人の男(片方は眩しい若さに、もう片方は愛する人を手にしている幸福に)の言葉にできない絆を描いた作品でした。面白かったです。
賢雄さんはブレンダン・フレイザーを~。ムチムチする一方のブレンダン・フレイザーにぴたりとハマってます。静かなトーンで展開していったので、憂い声がたっくさん聴けてめろりんこでした。
a0066307_15222210.jpg

by benowen3018 | 2005-11-23 15:25 | あ行
原題:THE ART OF WAR
2000年,アメリカ,118分
監督:クリスチャン・デュゲイ
脚本:ウェイン・ビーチ、サイモン・デイヴィス・バリー
ジャンル:アクション
初回放送:2003/5/18(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場

【CAST(テレ朝版)】
ウェズリー・スナイプス(ニール・ショー):堀内賢雄
ドナルド・サザーランド(ダグラス・トーマス):家弓家正
アン・アーチャー(エレノア・フックス):萩尾みどり

【あらすじ】
国連事務総長の元で働く敏腕エージェントをウェズリー・スナイプスが演じたアクションムービー。

【MEMO】
ウェズリー・スナイプス:堀内賢雄はかなり驚きの配役かと。
当時の日記を掘り起こしてみたら、ちらっと観ただけで観るのやめてました(汗)。”声的には賢雄さんファンなんですんなり観れましたが…”と書いてましたが。
ビデオ録画してたらなー(デッキが壊れてる時期でした)。
もう二度と放送されないような気がします。

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
ウェズリー・スナイプス(ニール・ショー):大塚明夫
マイケル・ビーン(ブライ):田中正彦
ドナルド・サザーランド(ダグラス・トーマス):佐々木敏
発売元:日本ヘラルド映画、販売元:ポニーキャニオン

【テレ東吹き替え】※未鑑賞
ウェズリー・スナイプス(ニール・ショー):大塚明夫
マイケル・ビーン(ブライ):森田順平
ドナルド・サザーランド(ダグラス・トーマス):家弓家正
アン・アーチャー(エレノア・フックス):塩田朋子
2006/4/20(木)木曜洋画劇場にて放送

a0066307_15175887.jpg

by benowen3018 | 2005-11-23 15:20 | あ行

ゲーム(テレ朝版)

原題:THE GAME
1997年,アメリカ,128分
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:ジョン・ブランカトー、マイケル・フェリス
ジャンル:サスペンス
初回放送:1999/12/19(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場
その他放送:2002/3/15(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー

【CAST(テレ朝版)】
マイケル・ダグラス(ニコラス・ヴァン・オートン):小川真司
ショーン・ペン(コンラッド):堀内賢雄
デボラ・カーラ・アンガー(クリスティーン):日野由利加
ジェームス・レブホーン(ジム・ファインゴールド):山野史人
ピーター・ドナット(サム・サザーランド弁護士):佐々木敏
キャロル・ベイカー(家政婦イルサ):谷育子
アンナ・カタリーナ(エリザベス):弘中くみ子
アーミン・ミューラー・スタール(アンソン・ベア):石森達幸

【あらすじ】
厄介な誕生日プレゼントを受け取ってしまった男の顛末。

【MEMO】
賢雄さんの出番は少ないです。重要な役なんですけどね。主人公の弟だし。
覚えてるのは「えぇぇ~?」って思ったラストくらいなので、賢雄さんがどんなだったかもう全然と言っていいほど覚えてないんですが…。
二枚目で演じてたような気がします。たぶん。

2005/11/25追記
金曜ロードショーでも放送されてました。そしてそれを観てました。
当時の日記から抜粋しますと、
”なんかもう、すっげえ好みの声を出してくれちゃって、第一声からのけぞっておりました。ああいう憂い入ったタイプの声が大好きでごじゃります!!”
だそうです。あらま(笑)。
うーん、再放送してほしいー!

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
マイケル・ダグラス(ニコラス・ヴァン・オートン):小川真司
ショーン・ペン(コンラッド・ヴァン・オートン):森田順平
発売元/販売元:東宝
by benowen3018 | 2005-11-23 15:14 | か行
原題:OCEAN'S ELEVEN
2001年,アメリカ,116分
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
脚本:テッド・グリフィン
ジャンル:クライムアクション/コメディ
初回放送:2005/1/15(土)フジテレビ系列・プレミアムステージ 21:00-23:24
その他の放送:2006/07/29(土)フジテレビ系列・土曜プレミアム 21:00-23:24、2008/10/31(金)日本テレビ系列・金曜ロードショー 21:00-22:54

【CAST(フジ版)】
ジョージ・クルーニー(ダニー・オーシャン):磯部勉
ブラッド・ピット(ラスティ・ライアン):堀内賢雄
マット・デイモン(ライナス・コールドウェル):桐本琢也
ジュリア・ロバーツ(テス・オーシャン):勝生真沙子
アンディ・ガルシア(テリー・ベネディクト):大塚芳忠
ドン・チードル(バシャー):檀臣幸
エリオット・グールド(ルーベン・ティシュコフ):内海賢二
カール・ライナー(ソール・ブルーム):富田耕生
ケイシー・アフレック(バージル・モロイ):村治学
スコット・カーン(ターク・モロイ):古田信幸
エディ・ジェイミソン(リビングストン・デル):田原アルノ
バーニー・マック(フランク・カットン):銀河万丈
シャオボー・クィン(イエン):樫井笙人

【あらすじ】
ハリウッドの豪華スターが一堂に会してるのを見てワクワクする映画。
好きな俳優がいれば楽しめる。
私はブラピが大好きなのでとっても楽しかったです~

【MEMO】
ブラピ演じるラスティ・ライアンが登場シーンのたびに何かもぐもぐ食べてたのは、忙しい中撮影に参加したブラッド・ピット自身が時間がなくて食事をそこで済ませてたんだそうです。んまァ。
さて賢雄さん。TVでは「スパイ・ゲーム」以来のブラピ吹き替えでした。これで最後になるのかしら…。「トロイ」はともかく「Mr.&Mrs.スミス」は賢雄さんで観たいなぁ…。
悪戯っ子のようなラスティ・ライアン(軍師的な役どころですが、あまりそういう風には見えなかった…苦笑)をちょっと太目の二枚目ボイスで吹き替えてました。もちっと憂いボイスだったらもっと嬉しかったんだけど!

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
ジョージ・クルーニー(ダニー・オーシャン):小山力也
ブラッド・ピット(ラスティ・ライアン):細井治
マット・デイモン(ライナス・コールドウェル):竹若拓磨
ジュリア・ロバーツ(テス・オーシャン):米倉紀之子
アンディ・ガルシア(テリー・ベネディクト):内田直哉
ドン・チードル(バシャー):大黒和広
発売元/販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
a0066307_15102232.jpg

by benowen3018 | 2005-11-23 15:12 | あ行
原題:ERIN BROCKOVICH
2000年,アメリカ,131分
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
脚本:スザンナ・グラント
ジャンル:ドラマ
初回放送:2003/12/7(日)テレビ朝日系列・日曜洋画劇場
その他放送:2009/2/19(木)テレビ東京・午後のロードショー

【CAST(テレ朝版)】
ジュリア・ロバーツ(エリン・ブロコビッチ):戸田恵子
アルバート・フィニー(エド・マズリー):大塚周夫
アーロン・エッカート(ジョージ):堀内賢雄

【あらすじ】
学歴もお金も仕事もなかった一人の女性が、アメリカの大企業から史上最高額の和解金をぶん取るまでのお話。
エリン・ブロコビッチは実在の人物。

【MEMO】
心がくじけそうになりながらもその度に奮起し、自分を信じてまっすぐ突き進んでいくエリン・ブロコビッチに拍手喝采!
賢雄さんはそんなエリンの恋人ジョージを。長髪のヒゲ男。洋画の賢雄さんで考えると珍しい配役かも?
ワイルドな低音でぶっきらぼうなセリフ回し。むちゃくちゃカッコ良かったでーす☆

【DVD版吹き替え】※未鑑賞
ジュリア・ロバーツ(エリン・ブロコビッチ):土井美加
アルバート・フィニー(エド・マズリー):阪修
アーロン・エッカート(ジョージ):大塚明夫
発売元/販売元:(株)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
by benowen3018 | 2005-11-23 15:08 | あ行

es [エス](テレ東版)

原題:DAS EXPERIMENT
英題:THE EXPERIMENT
2001年,ドイツ,119分
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本:ドン・ボーリンガー、 クリストフ・ダルンスタット、マリオ・ジョルダーノ
ジャンル:心理サスペンス
初回放送:2004/9/23(木)テレビ東京系列・木曜洋画劇場
その他放送:2008/05/17(土)テレビ東京・パリシネ 27:20-29:00

【CAST(テレ東版)】
モーリッツ・ブライブトロイ(タレク・ファハト(囚人番号77)):平田広明
クリスチャン・ベルケル(シュタインホフ(囚人番号38)):磯部勉
ユストゥス・フォン・ドーナニー(ベルス(看守)):森田順平
マレン・エッゲルト(ドラ):岡本麻弥
エドガー・ゼルゲ(トーン教授):牛山茂
アンドレア・サヴァツキー(ユッタ・グリム博士):塩田朋子
江原正士、内田直哉、堀内賢雄、星野充昭、家中宏、
楠大典、中村秀利、仲野裕、中村大樹、加藤亮夫、小森創介、
奥田啓人、野島裕史、土田大、高瀬右光、河本邦弘、加藤ゆう子

【あらすじ】
1971年に実際にアメリカで行われた心理実験をドイツが映画化。
新聞で募集がかけられた、模擬刑務所での心理実験。集まった20人ほどの男たちは、囚人役と看守役に分かれて2週間を架空の収容所で暮らすことになる。

【MEMO】
実験した大学側の意識の甘さに腹が立ってしょうがないんですが、それはさておいて。
賢雄さんは主人公と同じ独房に入れられる囚人役の男性でした。途中退場なので出番は少ないですが、どんどん追い詰められてしまって最終的にその場にいられなくなるくらい狂ってしまうという役どころで、そうなる前の陽気な三枚目ボイスと合わせて聴きどころありだと思います~

【DVD版吹き替え】
モーリッツ・ブライブトロイ(タレク・ファハト(囚人番号77)):森川智之
クリスチャン・ベルケル(シュタインホフ(囚人番号38)):小杉十郎太
ユストゥス・フォン・ドーナニー(ベルス(看守)):井上倫宏
マレン・エッゲルト(ドラ):高橋理恵子
エドガー・ゼルゲ(トーン教授):世古陽丸
アンドレア・サヴァツキー(ユッタ・グリム博士):宮寺智子、
水内清光、稲葉実、諸角憲一、花田光、上田陽司、石住昭彦、川村拓央、伊藤栄次、牧薫子
発売元/販売元:ポニーキャニオン
by benowen3018 | 2005-11-23 15:05 | あ行

ガン&トークス(DVD版)

原題:GUNS & TALKS
2001年,韓国,121分
監督・脚本:チャン・ジン
ジャンル:クライム・アクション/ハートウォーミングドラマ
DVD:Groove Pictures,ケングルーヴ(2003/8/25)
レンタル:DVD&VHS

超オススメ!!

【CAST(DVD版)】
シン・ヒョンジュン(サンヨン):大塚明夫
チョン・ジェヨン(ジェヨン):三木眞一郎
シン・ハギュン(ジョンウ):檜山修之
ウォンビン(ハヨン):浪川大輔
チョン・ジニョン(チョ検事):堀内賢雄
コ・ウンミ(オ・ヨンナン):日野由利加
長官:たてかべ和也

【あらすじ】
若者4人で構成された殺し屋チームの日常を描いたハートフル・クライム・ムービー。
リーダーで依頼の管理でもあるサンヨン(シン・ヒョンジュン)、百発百中のスナイパーなジェヨン(チョン・ジェヨン)、爆薬エキスパートのジョンウ(シン・ハギュン)、サンヨンの弟でコンピューター操作に長けたハヨン(ウォンビン)。
彼らは家族同然で一緒に暮らしていた。朝のニュースで原稿を読む女子アナのオ・ヨンナン(コ・ウンミ)に揃って胸をときめかせている毎日。
しかしある日、殺しの現場でサンヨンがチョ検事(チョン・ジニョン)に顔を見られてしまったことから彼らの生活に暗雲が・・・・。

【MEMO】
見事。メインどころの吹き替えがことごとくドンピシャで怖いくらい。諸手を挙げてオススメする一作です。
大塚さんも三木さんも檜山さんも最っっ高でした! 浪川さんも可愛かったけど、ウォンビンファンとしてはもう少しぼわんぼわんした声で喋ってほしかったところ~。でもすごく可愛かったです。
賢雄さんは彼ら殺し屋たちを執拗に追いかける検事役。ものすんごいイイ声で喋ってます! トーンは低め~。ぞくぞくきます。出番もけっこう多めです。大好き。
ちなみに音響監督が『あ』のつくプロデューサーです♪
by benowen3018 | 2005-11-19 17:54 | か行