堀内賢雄さんが吹き替えてる作品をまとめてみました。


by benowen3018
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

マックスQ(VHSのみ)

原題:MAX Q: EMERGENCY LANDING
1998年,アメリカ,88分
監督:マイケル・シャピロ
脚本:ロバート・J・アヴレッチ、マーティ・カプラン
ジャンル:パニック・アクション
DVD:ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント (1999/9/17)
レンタル:VHSのみ

【CAST(DVD版)】
ビリー・キャンベル(フレイ):森田順平
パジェット・ブリュースター(リナ):佐藤しのぶ
ネッド・ヴォーン(スコット):堀内賢雄

【あらすじ】
SFパニックもの。NASAと民間企業の共同プロジェクトで打ち上げられたスペースシャトル・エンデバー号が、予期せぬトラブルに遭い、命の危険にさらされてしまったクルーたちの行く末を描く。

【MEMO】
TV映画ということで、そんな派手な作品ではなかったですけど、普通に面白かったです。
賢雄さんはエンデバー号のクルーの一人スコット役。身重の奥さんを残して宇宙に旅立ちます。優しく、そして弱い人でした。ヘタレ好きにはポイント高し! 緊迫状態が増すほど、クルー一のビビリっぷりが聴けますv
ちなみに主役のフレイを演じたのがビリー・キャンベルで、賢雄さんが「イナフ」で吹き替えてた悪役の人だったので、なんだか二重に不思議な気分でした(この映画でのビリー・キャンベルは頼れるヒーローなので)
[PR]
by benowen3018 | 2006-03-04 16:24 | ま行